三国志遊戯 by orange-taijyu
| はじめに | 新規登録 | 内政操作 | 合戦操作 | 武将能力 | 動作環境 | 領地情報 | 勢力情報 | 交易情報 | その他 |



移動

勢力図内で領地の移動に関するコマンドになります。
移動に関するコマンドは下記の種類があります。

移動

領地を移動する際に使用します。
国に在籍している場合は自国領地内のみ移動が可能となります。
国に在籍していない場合は自由に領地を移動することが可能です。
移動にかかる時間は15分ほどです。

配属

各武将が存在している領地に防衛部隊として配属させることが出来ます。
国に在籍している場合に使用することが出来ます。
配属にかかる時間は30分ほどです。

情報

勢力図内で各領地の情報に関するコマンドになります。
情報に関するコマンドには下記のものがあります。

領地

各地の領地の情報をみます。
自分の国の情報については攻撃、防衛の武将などの情報を見ることが出来ます。
密偵中の武将が存在する領地も同様の情報を見ることが出来ます。

友好

各領地間の友好度を調べることが出来ます。
友好度が25未満になるとその領地へ合戦に行くことが出来ます。
友好度が75以上の領地には同盟関係が発生し、防衛側として攻撃側武将を攻撃しに行くことが出来ます。

密偵

他国の領地情報を閲覧することが出来ます。
情報はその場で見ることが出来、密偵から戻る際に15分の時間がかかります。

合戦

ここは合戦に関するコマンドになります。
他国領地に攻め込んだり、同盟国に防衛しに行くためのコマンドがこちらになります。

合戦

国に在籍している人が行うことの出来るコマンドです。
隣接領地の友好度が25未満の時に他国領地へ合戦に行くことが出来ます。
合戦地に移動した後は内政画面で結果が表示され、そのまま内政画面にて攻撃を行います。
隣接領地の友好度が75以上の時に同盟として領地へ援護しに行くことが出来ます。
自動的に野戦配備と同様の戦闘が出来ます。

合戦地へは15分の時間がかかります。

叛乱

国に在籍していない人が行うことの出来るコマンドです。
領地に篭城武将が存在しない場合等に叛乱を起し、その領地に攻め入ることが出来ます。
その他、叛乱するには条件があり、また、叛乱したことによるデメリットも存在します。
内政画面にて結果を押した後、合戦と同様の攻撃を行うことが出来ます
相手の城砦兵士を0人にするとその領地が自国となり、領主武将が君主となります。

合戦地への移動は、合戦コマンドと同様に60分の時間がかかります。

政治

ここは外交や内政などの政治関連のコマンドです。
他国との関係を調整する外交や自領地を強化するための内政などを行えます。

外交

外交は太守以上の階級である領主武将が行うことの出来るコマンドです。
隣接した領地との国交を図ります。
外交には下記の4つの種類が存在します。
  • 儀礼派遣
相手領地の自領地に対する友好度を上昇させます。
相手の友好度を上げることにより、攻め込まれる危険性を下げることが出来ます。
武将の政治能力が高いほど高い効果が得られます。
  • 疑心暗鬼
自領地の相手領地に対する友好度を下げます。
相手領地に攻め込みたい場合などにこれを行います。
武将の政治能力が高いほど高い効果が得られます。
  • 同盟依頼
自領地と相手領地との間に同盟関係を結びます。
相手の承諾が必要で、相手が承諾した場合にお互いの友好度が75になります。
国家間の同盟ではなく領地間の同盟なので間違えないようにしてください。
  • 宣戦布告
相手領地に対して宣戦布告を行います。
宣戦布告をしたと同時に相手領地の自領地に対する友好度が25になります。
また、宣戦布告後18時間後に自領地の相手領地に対する友好度が1になります。

同盟

同盟コマンドは君主のみが行うことが出来ます。
隣接領地から同盟の依頼があった場合にこのコマンドが表示されます。
同盟を許可・却下のどちらかを選択することが出来ます。
現在は、両領土の友好度が75になるだけです。

任命

任命コマンドは君主のみが行うことが出来ます。
自国にいる領主武将(プレイヤーの武将)に対して階級を与えます。
各階級は下記のとおりになり、それぞれ様々な権限を与えられています。
  • 君主
君主を他のプレイヤー武将に移譲します。
移譲には24時間かかり、24時間後に結果を押した時点で移譲が成立します。
  • 丞相
外交や軍事などの多くのコマンドを実行する権限を持ちます。
・全ての領地で外交を行うことが出来ます。
・全ての領地で内政を行うことが出来ます。
・指令を出すことが出来ます。
・伏兵を設置することが出来ます。
・国家内で1人任命が可能です。
  • 軍師
主に軍事関係のコマンドを実行する権限を持ちます。
・指令を出すことが出来ます。
・伏兵を設置することが出来ます。
・国家内で3人まで任命が可能です。
  • 州牧
州単位での外交や内政を行うことが出来ます。
・統括する州内の領地で外交を行うことが出来ます。
・統括する州内の領地で内政を行うことが出来ます。
・国家内で統治している州のみ任命が可能です。
  • 太守
一つの郡でのみ外交や内政を行うことが出来ます。
・統括する領地で外交を行うことが出来ます。
・統括する領地で内政を行うことが出来ます。
・国家内で統治してる(していた)郡のみ任命が可能です。
  • 中郎将
上記の権限が一切なく、一般領主武将の階級となります。

内政

外交は太守以上の階級である領主武将が行うことの出来るコマンドです。
統治する領地の内政強化を行います。
内政には下記の4つの種類が存在します。
  • 城砦建築
城砦のLVを上げます。
城砦建築を行うには決められた城砦規模になっていることが条件です。
城砦LVが高いほど攻められた時の防御力が上がり、設置する兵士の最大数が上がります。
  • 領地開拓
城砦規模の数値を上げます。
城砦規模を上げることにより、城砦建築を行うことが出来るようになります。
  • 兵士補充
城砦建築を行った際や、攻め込まれた時などに城砦兵士を補充することが出来ます。
この城砦兵士が0人になると他国の領地となってしまうので減っていれば補充するようにしてください。
一度に補充できる兵士数は、最大で2万までです。
  • 兵糧補充
城砦に蓄えられている兵糧を補充します。
この兵糧が足りなくなってくると、城砦兵士の攻撃力が下がることがあります。
最低でも兵士数の1%の兵糧を備えておくようにしましょう。

計略

ここは計略を使用し様々な行動を起したり、自国の作戦会議のコマンドとなります。
自国の方針などは会議や指令にて確認するようにしてください。

計略

5種類の計略を使用することが出来ます。
計略の種類は下記の通りになり、その計略によって様々な行動が出来ます。
  • 離間の計
他のプレイヤーの武将を自分の武将とするための計略になります。
計略を行う武将の知力・政治・魅力・名声が高いほど計略が成功しやすくなります。
また、対象となる武将の忠誠度が低いほど成功しやすくなります。
計略が失敗した場合も、対象の武将の忠誠度を下げることがあります。
  • 偽報の計
対象となる領地の城砦兵士に偽りの流言飛語を行い逃走させます。
計略が成功すると数十~一万人ほどの兵士が逃走します。
計略を行う武将の知力・政治が高いほど計略が成功しやすくなり、効果も高くなります。
計略が失敗した場合は何も起こりません。
  • 壁壊の計
対象となる領地の壁を壊し、城砦規模を数十~千ほど下げます。
城砦規模を下げることで、城砦LVも下げることが出来ます。
計略を行う武将の知力・政治が高いほど計略が成功しやすくなり、効果も高くなります。
計略が失敗した場合は何も起こりません。
  • 埋伏の計
太守以上の領主武将(プレイヤー武将)が行うことの出来る計略です。
統治する領地の城砦兵士から指定した数の兵士(1~10000)を伏兵として野外に設置します。
その領地に攻め込まれた場合に相手の兵士を数十~1万ほど倒すことが出来ます。
設置する兵士が多いほど相手の兵士を倒す量が増えます。
また、攻め込んできた武将の知力が高いと倒すことが出来ない場合があります。
  • 虚誘の計
指定した領地に伏兵が存在しているかを確認します。
また、伏兵を発見し伏兵に対して攻撃を仕掛ける場合があります。
攻撃を仕掛ける場合は計略を行う武将の武力が高いほど倒す兵士数が増えます。
計略を行う武将の知力・政治が高いほど計略が成功しやすくなります。
計略が失敗した場合や伏兵がいない場合は何も起こりません。

会議

リアルタイムでの自国の方針などを話し合います。
もちろん世間話などを行う場として使用しても構いません。
チャットなどで他のプレイヤーと友好関係を深めましょう。

指令

こちらは国家用の掲示板になります。
その国の方針や決まりごとなどを書く場所となります。
新しく国に入国された方はまずこちらをご覧になってください。

建国

ここは建国や入国志願、脱国などを行うコマンドです。
国の入出国や建国はこちらで行ってください。

建国

勢力図内に無統治国家が存在する場合に建国を行うことが出来ます。
建国には一定の領地・金・兵士・米を必要とします。
必要な数値は情報コマンドで確認してください。
建国を行うとその領地の城砦LVが5になり、そこがあなたの国の首都となります。

志願

国に所属していない方が使用できるコマンドです。
領主武将が在籍している領地を治めている国に志願を行うことが出来ます。
国に所属していない場合いくつかの不利があるのでどこかの国に所属することをお勧めします。
また、自武将が志願したい国の領土にいれば、志願することが出来ます。

人事

君主のみが行うことの出来るコマンドです。
新しく志願された武将の採決を行ったり、自国の武将の追放などを行えます。
武将の追放には24時間かかります。

脱国

君主以外の国に所属している方が行えるコマンドです。
国に対する忠誠度が20以下の場合に国を抜けて在野に下ることが出来ます。
他の国に移りたい場合などに行ってください。

忠誠

君主以外の国に所属している方が行えるコマンドです。
脱国を行うために忠誠度を下げたり、忠誠を表すために忠誠を上げたりしましょう。
忠誠度が低いままでは、良い階級は得られないかも知れません。