愛媛みかんのはなし
<みかんと私たちのくらし>
えひめみかんリンク<愛媛みかん直販農家応援サイト>

みかんを食べて健康に

最近、みかん以外の新しい果物や輸入自由化による海外の果物、色々なお菓子類が出回るようになり、みかんの消費量は減少しています。 ある小学校で6年生200人の血液を検査したところ、15%の児童が食べ過ぎ、特に脂質(脂肪)の取りすぎに注意しなければならないことがわかりました。

このままにしておくと病気になるかもしれません。脂質は毎日食べるおかずやお菓子類に比較的たくさん含まれています。

果物にはビタミンなどの栄養素がたくさん含まれているばかりでなく、体の生理機能を向上させる様々な成分が含まれています。 そのため、適度に食べることは病気を予防するのに効果的で、毎日食べることが健康増進につながるのです。

その中でみかんは脂質がゼロに近く、カロリーも低い食べ物です。 また、近年の研究で、みかんを多く食べ、血液中にβ-クリプトキサンチン ( 病気の予防に効果がある成分 ) の濃度が高い人は、いろいろな生活習慣病になりにくいことがわかってきました。 こんなにすばらしいみかんは一番おすすめのおやつですから、1日に1個から2個は食べるようにしたいものです。

国民1人当たりみかんの年間消費量

安全・安心なみかんの生産への取組み

みかんの主な栄養素とその効果

世の中が発展し、日本人の食生活が豊かになる中、消費者から安全な農作物の生産や安心できる食べ物への要望が高まっています。

そのため、みかん栽培においても薬剤散布を減らす減農薬栽培や草生栽培、有機質肥料の利用など、おいしさだけでなく安全性や環境保全に配慮した作り方に変更するとともに、 みかんに使った農薬や肥料の情報を消費者に提供(トレーサビリティー)したり、みかんの取れた場所や作った農家を紹介するなど、消費者に信頼される安全・安心なみかんの生産にも努めています。